WILLIAM ・S ・BURROUGHS Tee by Supreme
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

WILLIAM ・S ・BURROUGHS Tee by Supreme

¥16,500 税込

送料についてはこちら

そんなに古くない2016年発売の このTシャツ 結構みんな素通りしてしまっていたと 思うんだけどコレは絶対に 無視しちゃいけない、反応するべき ネタなんですよ。 コレは ウィリアムバロウズのTシャツ 本人が写る有名なフォトなんです。 バロウズは作家でビートニクというアメリカ文学界、または思想的、そして後のアート、今もなおカルチャーとして忘れられない 圧倒的な存在感が歴史の中にある集団の1人。 バロウズがいなければ ピストルズもNIRVANAのカートもあのリリックであのリフを使った音楽は出来なかったかもしれない。 要はバロウズも所謂社会の敵みたいな人です。 俗的ですが、普通に育ち普通に暮らしてきたママからはこの人本なんか読んでたらいい顔をするはずがない。 ゲイで薬物中毒者であるバロウズは 自分を同性愛者であることに早くから気づき 社会から逃げた。 でも何か、何か特異的なものがあったんですね だから何かを持っていて世に名を残した人から見染められた。 ちなみに内縁の妻なんかもいたんですが、 酔っ払って撃ち殺してます。 そんで作家としてキャリアが始まってます。 何故かというとこの人の人生とは 逃亡なんですよね。 70年代のヒッピーの根源的な思想というか自由というかそれのルーツがこのバロウズの逃亡です。 LGBTの自分から、酔っ払って撃ち殺してしまった人から、 それでもらずーっとヘロインやったりと とんでもない人です。 純粋すぎ。 執筆とはバロウズにとって逃げだったそうです。 そうして生み出した作品がカルト的にカウンターカルチャーを成す人間達に崇拝さらてるんです。 なんともまぁ、、、って感じですよね。 何かトータル的にルーツなTシャツです。 Size XL 【実寸】 肩幅52 身幅57 袖丈20.5 着丈69 *単位は全てcm,計測方法により若干の誤差が出ます。実寸は参考までに。 尚、この商品はusedになりますので現状でのお渡しとなりますのでご了承下さい。 着用モデル176cm 67kg