{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/9

WINDFOIL JKT by Eddie Bauer

13,200円

送料についてはこちら

L.L.Beanならウォームアップジャケット Patagoniaならシェルドシンチラ そして、Eddie Bauerならば このウインドフォイルです。 モデル名が違うだけで ほぼほぼ同じディテール。 この形は言わば The USA的なアウトドアウェアの一つ。 80年代ごろより アメリカのアウトドアにおいて 各ブランドが製造していた形で アウトシェルに60/40クロスのような質感の 撥水するナイロン生地(質感の話で素材はポリ100%) そして裏地には毛足の短いフリースで いわゆる水の入ってこない上に 保温性まで高いというアウターが 近代的なファブリックで初めて 作り出されるようになった頃のウェア。 その後90年代はもちろん、 現代まで技術は進化すれど 同じような構造のウェアは存在する。 ま、アメリカのおじさん好きな形なんだよね。 いつの時代も売れるものなんだと思います。 GAPとかそういうところも作ってたりします。 だから、ある種The USAな形、俺は思っています。 そして今、ナウいでしょ?この形。 これは90sの胸タグ仕様。 うっすら中綿も入っているので 着込めば冬のアウターとしてもグッド。 裏地のフリースとアウトシェルの 色のコントラストを楽しむのが このジャケットの魅力です。 もちろんこの年代はMade in USA ビーンのウォームアップJKTに比べ 全然流通数が少ないのが このウインドファイルです。 しかもブラック/シーブルーの レアカラー ちなみに各ブランドでしか 作ってない色があって これもバウアーでしか見かけない色 そういうブランドの個性も 比べていくとバウアーっぽい、 ビーンっぽいとか分かってきて 楽しいです。 レディースなので安め でもディテールはメンズと同じなので サイズ合うひとにとっては こっちの方がシルエットが良いです。 もちろん女子にもおすすめ。 是非。 Color Black/Sea Green Size Women's L(丈感の短い Men's Mくらいの感じ) 【実寸】 肩幅51 身幅62 袖丈57 着丈65 *単位は全てcm,計測方法により若干の誤差が出ます。実寸は参考までに。 尚、この商品はusedになりますので現状でのお渡しとなりますのでご了承下さい。 着用モデル176cm 67kg

セール中のアイテム