NEWS

UMBRO X ALMOSTBLACK in stock

スポーツとテーラーリングの伝統を受け継ぐ
instantbootlegでもNew Vintageとして
立ち上げ当初より扱ってきたマンチェスター生まれの
不良服「UMBRO」
そして、ポストジャポニズムを掲げ
日本の芸術を軸に繰り広げる圧倒的なクリエイション。
世界に誇る我が日本のブランド
「ALMOSTBLACK」
デザイナー中嶋俊太氏はあの
RAF SIMONSのアトリエでキャリアを積んだ
デザイナー個人としても非常に注目の人物。

その両者のコラボ第二弾を
今シーズンよりうちでも扱うことになりました。

事の運びとしては僕と
デザイナー中嶋氏と親交を持つことになったのが
6年くらい前かな。
まぁ自然な流れで
こうして取り扱いが決まりましたが
そのきっかけこそ"古着"でした。
古典Vintageや僕が掲げるNew Vintageという
概念への共通理解、そして何より
中嶋氏はミリタリーウェアへの造詣が非常に深いです。
はっきり言って僕より詳しい。笑
それがいつも制作した洋服に非常に反映されているのですが
今回もそのフレイヴァがむちゃくちゃ出ていてます。

さて
今回のコラボで何が発売されたか、ってとこなんですが
1990~2000年代初頭に、
UMBROがイギリスのロイヤルアーミーに提供していた
フットボールユニフォームをベースにした
Tシャツとショーツが今回のコラボアイテム。

今回のコラボレーションのために制作した
架空のAFC(ALMOSTBLACK FOOTBALL CLUB)のチームロゴや
本ちゃんの物にも使用されるイギリス軍の
薔薇モチーフをもじったロゴ。
そしてオリジナル同様の仕様である
襟元後ろのARMYの刺繍。
このカフラージュパターンは60'sのイギリス軍が
使用していたレアなブラッシュカモを採用。
フィットは90'sのゆったりとしたシルエットなので
ファッション的にも今にハマる逸品。

とにかくユニフォームの素材というのは
日本の暑い夏の使用に対して理にかなっていて
まぁ速乾性と通気性、それは簡単に想像できますよね
ファッション的にも
スケーターが10年ほど前から着用したことにより
ユニフォームウェアは非常に注目を浴びてきたもののひとつです。
フットボールに興味ない人とか
特に日本人はあまり昔からユニフォーム系を
私服で取り入れる文化がなかったので
ハードルが高かった人もいたはず。
それを解消しているのが今回のコラボアイテムだと思います。
完全に定着したミリタリーウェアが半分こいつのソースですからね。
ユニフォームにあった派手さはなく
非常にモダンな機能ウェアへと生まれ変わっています。

セットアップでもいけますが上だけTシャツとして
下はただのショーツとしても全然クールです。

ちなみに上記の機能性も備えているので
街以外にも夏のキャンプや釣りなど
アウトドアウェア的な使い方もいけます。

日常にコレほど溶け込むアイテムはそうはない。
是非今年の夏の"ユニフォーム"として
着てみてください。
超おすすめ。
取り扱い店舗の限られた
エクスクルーシブラインです。
是非ご覧ください。